今まで悩み事を抱えたことがなかった女性も、妊娠することで便秘になることが多々あります。妊娠中はホルモンのバランスが変わり、腸の動きを抑制して水分も含めて摂取した栄養を逃がさないようにする働きのある「プロゲステロン」という黄体ホルモンが多量に分泌されることが原因です。
  引用 妊娠初期ママの便秘の原因と便秘解消法

今までも便秘がちな方は、いつものことだと気になさらない方もいらっしゃいます。
が、実はここはちょっと注意が必要で、赤ちゃんに影響がないとも言い切れないです。

赤ちゃんは、子宮の中で羊水に浮かんでいるときは無菌状態です。
だったら、悪玉菌による赤ちゃんの便秘は関係ないのではと思われるかもしれませんが、
実は産道を通るときが問題なのです。

産道を通るときに、産道に存在する様々な菌を口から取り込んでしまいます。

便秘の妊婦さんには悪玉菌が多いですので、この悪玉菌を赤ちゃんが摂りこみすぎることで腸内環境が悪化し、便秘やアレルギー体質になってしまうこともあります。

日ごろから腸を綺麗にすることを心がけていきたいですね。

腸内環境をよくするには便通の改善が不可欠です。
寝起きにコップ1杯の水や牛乳を飲むと腸が刺激されます。
また、腸内に乳酸菌を増やすことも大切で、ヨーグルトを毎日食べる習慣をつけることも良いでしょう。

大半の乳酸菌は胃酸や体温の影響で死滅し、腸まで届きません。それに比べ、生命の乳酸菌は、胃酸で負けぬように腸まで届く特許製法コーティングカプセルを採用しています。本当に腸まで届く乳酸菌が、1粒中346億個、一袋あたりヨーグルト1,038個分も摂取できます。

赤ちゃんのためにも『生命の乳酸菌』を活用して綺麗な腸を目指しましょう